Just another WordPress site

制作業者

知ってると得するパンフレット制作業者

パンフレット制作はデザインを専業とする業者が担当するのが一般的です。パンフレット制作ができる業者は全国にありますが、その多くは首都圏に集中しています。地方でも、ほとんどの県庁所在地においてパンフレット制作ができる業者が営業しています。現在はWeb上で営業を展開している業者も多く、首都圏にある業者でも全国各地から注文することができます。

小さな仕事で詳細な打合せが必要な場合は地理的に近い地元の業者と対面して打ち合わせするほうが良い場合もあります。ものによりますが、パンフレット制作には数週間の時間が必要です。短時間での制作を売りにしているデザイン会社もありますが、品質は時間をかけたものよりも劣ります。パンフレット制作は多くのデザイン会社で担当しますが、パンフレットの種類によって会社により得意と不得意があります。

過去の実績を見せてもらい、その会社の得意分野を判断する必要があります。パンフレットの中身は全てをその会社で制作する場合と、文章や写真等を外注する場合があります。文章や写真撮影は専門分野に属するため、外部の提携先と連携して制作するのが効率的な場合もあります。パンフレット制作はネットや電話での依頼から始まり、通常はデザイン会社の担当者が訪れて大まかな説明をします。

過去の制作実績や作業の流れを説明し、正式な発注をした後にデザインが始まります。正式な発注後は料金が発生し、業務の進捗状況に応じて途中解約でも発注者に支払い義務が生じます。デザインは数案出されるのが一般的で、気に入った案を選択します。訂正は回数が決められている場合や、何回訂正しても料金は変わらない場合など、デザイン会社によってさまざまです。

案が決まると最終的な原稿が提示され、確認のうえで印刷と納品が行われます。印刷会社の選択は原則としてデザイン会社の側で決めますが、発注者が印刷会社を指定しても認められる場合がほとんどです。近年はインターネットの普及により、パンフレット制作をネット上で取引するクラウドソーシングが増えてきました。

クラウドソーシングの運営会社には個人の多くのデザイナーが登録し、発注者の要望にコンペ方式や見積り方式で応じます。発注者は気に入った案を選ぶか、価格が安く、又は気に入ったデザイナーを選ぶかにより、パンフレットを制作することができます。料金は一般的にデザイン会社よりもクラウドソーシングの方が安く設定できます。クラウドソーシングではデザインされたパンフレットのデータだけを受け取り、印刷は自身で印刷業者に依頼しなければなりません。印刷の依頼も今はネット上で可能です。